2010年04月13日

放鳥トキ、初の産卵 環境省が確認(産経新聞)

 新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキの巣で卵2個が産まれたのを環境省が確認し、7日発表した。

 放鳥トキの産卵が確認されたのは初めてで、自然界では昭和54年以来31年ぶり。無精卵でなければ、順調にいけば今月末に最初のひなが誕生する。

 産卵が確認されたのは1歳の雌と3歳の雄のつがい。3月28日からどちらかが巣に残るなどの行動がみられ、産卵の可能性が高いとみられていた。今月6日、約150メートル離れた地点から卵2個を確認。卵は4個ある可能性もある。

 環境省は7日、別の放鳥トキのつがい1組でも、産卵があった可能性が高いと発表。もう1組も巣を作っている。

 山階鳥類研究所の山岸哲名誉所長は「卵の天敵はカラス。人間が近づいて親が巣から離れれば襲われる可能性が高い。そっとしてあげて」と話している。

2週目も爆走!『アリス・イン・ワンダーランド』が堂々の全米ナンバーワン!-3月15日版【全米ボックスオフィス考】
鳩山邦夫氏、新党参加当面見送り…平沼氏と一致(読売新聞)
<雑記帳>愛知グルメ図鑑…県のホームページで紹介(毎日新聞)
B型肝炎訴訟、「具体的な話できる段階でない」―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも(毎日新聞)
posted by シラサカ キヨミ at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。