2010年06月01日

加藤元名人の敗訴確定へ=控訴見送り―野良猫餌やり訴訟(時事通信)

 将棋の元名人加藤一二三さん(70)が野良猫に餌を与えたため悪臭などの苦痛を受けたとして、近隣住民らが餌やりの中止と損害賠償を求めた訴訟で、加藤さんは26日、取材に対し、餌やり中止と計約200万円の賠償を命じた東京地裁立川支部判決を受け入れ、控訴しない考えを明らかにした。加藤さんの敗訴が確定する。
 加藤さんは理由について、「判決はわたしの行動を、野良猫の総数を減らそうという地域猫活動の精神に沿っていると認めており、内容に大きな不満がない」としている。 

【関連ニュース】
将棋最高齢の有吉九段が引退
羽生が3連覇=将棋名人戦
将棋元名人に餌やり中止命令=集合住宅野良猫訴訟
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん

<土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
24歳男が父親を刺殺=新潟(時事通信)
<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
posted by シラサカ キヨミ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。